アトリエOCTA

赤字をclickで 各項目を表示
【季刊・幻想文学】

【別冊幻想文学】

【他の雑誌・単行本】

『幻想文学』39号

表紙
在庫あり

1993.9.25 幻想文学出版局 208ページ 1456円

《特集◎大怪獣文学館》
【作品復刻】
武田泰淳●「ゴジラ」の来る夜
中村真一郎・福永武彦・堀田善衛●発光妖精とモスラ
黒沼健●ラドンの誕生
香山滋●怪獣エッセイ・評論選(『放射能X』を観て/南への憧れ/ゴジラ刊行に就て/『ゴジラ』懺悔/怪獣談)
【インタビュー】
菊地秀行●東西怪獣映画私観
竹内博●モンスター・マイ・ラヴ
【対談】
山村正夫&竹内博●香山滋ふたたび!
【エッセイ】
友成純一●大怪獣アメリカ?!
村田基●怪獣はなぜペット化したのか
竹内博●香山滋が愛した怪獣たち
【評論】
長山靖生●怪獣――あるいは告白する普遍性
小林豊昌●反幻想としての怪獣
小池壮彦●獣人伝説の行方
【ブックガイド&資料】
幻想さんと怪奇くん●本朝怪獣文学セミナー
《連載》
新刊展望
渋谷章●ハガード、ハガード!第38回
稲生平太郎●不思議な物語第30回◇新たな人類
山下武●ドッペルゲンガー考第3回◇西尾正と久生十蘭