アトリエOCTA

赤字をclickで 各項目を表示
【季刊・幻想文学】

【別冊幻想文学】

【他の雑誌・単行本】

『怪奇映画の手帖』

書影 在庫あり

怪奇映画の手帖◆菊地秀行著
1993.9.15 幻想文学出版局 238ページ 2136円 A5判カバー装
装幀・装画=建石修志

[Ⅰ]
はじめに奇術師ありき――G・メリエスへ
ドワイト・フライの憂愁
「フランケンシュタイン」の遺産
フランケンシュタイン創造者の悲劇――ああ、ジェームズ・ホエール
女ドラキュラの淫靡さ
ホラーを甦らせた男
我が「血塗られた墓標」
「恐怖の足跡」の足跡
血しぶきの魔術師/H・G・ルイス
ジョージ・A・ロメロと「生ける死者の夜」
もう一人の狂人/アンディ・ミリガンの世界
内に潜む狂気の描出者/クローネンバーグ
[Ⅱ]
モンスター覚え書き
HOW TO MAKE MONSTERS
ああ、怪奇スター
BIG IS GOOD
アメリカから来た玉手箱
アメリカから来た玉手箱2
アメリカから来た玉手箱3
ある原形
我が家のアンソロジー
[Ⅲ]
夜の末裔たち――吸血鬼映画ぎゃらりい
ラヴクラフト・オン・スクリーン
怪奇映画五番勝負
[Ⅳ]
怪奇映画ベスト100

☆増補して文庫化『怪奇映画ぎゃらりい』(2001・小学館文庫)☆